治療方針をたてるためには、まずその原因を明確にすることが大切です。
原因を明確にし、最適な治療方法を選択する。
それが当院の検査・診断です。


 Case A 治療前 Case A 治療後






Case B治療前
(第2小臼歯抜歯にて治療)

Case B治療後

CaseA・Bの治療前の歯並びは似ています。
しかしCaseAは非抜歯、Case Bは第2小臼歯抜歯にて治療と
その治療方法は大きく異なっています。
それは、治療前の歯並びになった原因がAとBとで違うからです。



Case C 治療前 Case C 治療後






Case D治療前 Case D治療後

Case C.D は、他院にて外科矯正が必要と診断されましたが、
当院の検査診断にて「外科なしで治療可能」となり治療した
ケースです。


検査診断費用


乳歯列期

¥20,000

混合歯列期〜永久歯列期

¥40,000

(消費税は含まれていません)


Copyright (c) 2008 Ichibankan All Rights Reserved.